がん検診

子宮体がん検査について

Q,痛みが怖くて検査ができません。
実費であれば麻酔をかけて検査をしてくださるとの事なので、希望したいのですが、その場合、事前の予約や麻酔の方法など、検査の流れを教えて頂きたいです。

A,子宮体癌の検査を本当にしなくてはいけない人でしたら、麻酔も保険が効きます。
ただし安全に麻酔をかけられる人かどうかを判定するために、術前検査として心電図と血液検査を受けていただく必要があります。
詳しい説明は受診していただければ納得するまで行いますよ。

子宮がん検診の費用について

Q,大阪市の子宮がん検診と乳ガン検診を受診しようと思っていますが、予約は必要ですか?また、生理不順や生理前の不調についても相談したいと考えています。大体費用はどれくらい必要でしょうか?

A,大阪市の子宮がん検診は2年に1度、400円で受けられますが、不正出血が無いことが条件ですので気をつけてください。
乳がん検診は毎年受けていただけます。費用は1000円です。
当院では40歳未満の方に超音波検査を受けていただいています。40歳以上の方はマンモグラヒイ検査を他院にて受けていただくようにしています。

胸のチクリとした痛み

Q,肺のある方の乳房の下部に、触れた際にチクリした痛みを感じ、乳がんかと気になりました。
サイトで調べながら、触診してみましたところ、もう一方の同じ箇所にはないしこりのような(コリコリぐにゃぐにゃ)ものがありました。それが痛みの発信源です。
どうやら乳がんではなさそうですが、心配なので近いうちにそちらは伺痛いと考えています。
という件で、不安なので相談致しました。
お返事頂ければ幸いです。
よろしくお願いします。

A,痛みのある乳房のしこりは、組織を一部取ってきて精査することが必要になることがあります。
ですから乳房の専門医に相談された方がいいと思います。

ワクチンを打っていても子宮頸がんになりますか?

Q,現在21才なのですが、2~3年前のいつからか生理が終了して1週間前後のおりものにごく少量の血が混ざりはじめました。色は赤~茶です。
不安にはなりましたが、毎月のことであること、当時は性交も行っていなかったこと、子宮頸がんワクチンを接種していたことから特に気にせず「生理で残っていた血か排卵出血だろう」と思っていました。健診にも行っていません。
ところが昨冬頃からだんだんと混ざる血の量が増えはじめ、おりもの用のライナーが一面真っ赤になり吸収できないほどになりました。(今思えばここで健診に行けばよかったな、と)
加えて今年4,5月に初めて性交をしました(ゴム使用)が、2回中どちらも行為後1~2時間ほどで赤い出血がありました。(不慣れなのも一因?)
なお普段の生理で血が多いとは感じません。終了1週間前後のおりもの以外も変わった様子はなく、下腹部の痛みなども特に気になりません。
質問なのですが、
・ワクチンを打っていても子宮頸がんになりますか?
・この量が増えてきた不正出血の理由は何だと思われますか?
よろしくお願いします。

A,子宮癌がなぜできるのかはまだ全部解明されているわけではないのです。子宮がんの原因の7割はパピローマウイルスが関与していることが分かっているのですが、それ以外の部分はまだよくわかっていません。
ワクチンをうった方は、パピローマが原因の癌にはなりませんが、それ以外の原因の癌の発生する可能性はまだ残っているのです。ですので、子宮がんワクチンをうっていても、可能性は低いのですが、癌になる可能性はあります。
貴女の出血は診察してみないとはっきりとは言えませんが、子宮膣部びらんによるものの可能性が高いですね。
しかしそれは子宮癌がないということが確かめられていることが前提条件ですので、今日にでも子宮がん検診を受けに行ってください。

性交渉後の不正出血 子宮頸がん

Q,24歳女性です。性交後に少しの出血がみられます。出血量は避妊具に少し付着している程度で、トイレの後トイレットペーパーに少しついている程度です。出血は続いているわけではありませんが、性交後しばしばみられます。痛みはありません。
子宮頸がんの恐れはあるでしょうか?
回答よろしくお願いいたします。

A,子宮癌の方の初期症状として特筆すべきは、性交渉の後の出血です。英語ではcontact bleeding といって世界中の産婦人科医が知っている症状です。
この症状がある人がみんながんであるとは限りませんが、この症状がある方はぜひとも子宮がん検診を受けるべきですね。