過去の産婦人科への質問集

タイミング療法とは排卵誘発治療をせず、性交渉のタイミングを取ること

Q、先日『タイミング療法で妊娠する人の多くは6カ月までに妊娠されますが、その後の妊娠率は悪くなり、1年を過ぎるとほとんど妊娠されません。』という記事?を見たのですが本当でしょうか?
私は今先生の病院でHMG+HCGでタイミング療法させて頂いています。
今回で5回目のチャレンジをしています。
12月頃で半年治療をする事になります。

どのくらいの期間でタイミング療法から人工授精や体外受精に
する事を考えるべきなのでしょうか?
その場合人工授精や体外受精は先生の病院でして頂けるのでしょうか?

A,タイミング療法というのは排卵誘発治療をしないで、性交渉のタイミングを取ることを意味します。
貴女の場合はHMG-HCG療法という排卵誘発治療を行っていますので、少し事情が違うことになります。
しかし排卵誘発治療だけでなかなか妊娠しなければ人工授精を考える時期かもしれません。
人工授精は当院でも行えますが、体外受精は当院では行っていませんので、希望されればご紹介します。

不妊治療、来院頂くタイミングについて。

Q,昨年結婚し、子供が欲しいと考えておりますが、なかなかできません。
基礎体温も測っていますが、ジグザグではありますがきちんと2層に分かれていますので、排卵日と思われる頃に、自分なりにタイミングは測っているのですがなかなかうまくいかないようです・・・。
先月は化学流産をしてしまい、タイミングがあっていないのかな?と思っています。
一度、タイミングをみて頂きたいと思っていますが、来院するのはいつぐらいがよいでしょうか?

Q,来院していただくタイミングとしては、月経開始日から4日以内が望ましいです。お越しになるときは基礎体温表を忘れずにお持ちください。

過去の掲示板にあった投稿を掲載しております。
あなたの「困った」こちらからご記入ください。