ピル

子宮筋腫について

Q,10センチを超えた子宮筋腫があり、手術を考えています。出来れば手術をしたくないのですが、ピルを服用することで小さくすることができるのでしょうか?

A, 子宮筋腫による過多月経や月経痛がある場合には、ピルを内服することでこれらの症状が軽くなる事があります。 ただしピルの内服がきっかけで筋腫が大きくなることがありますので、ピルを投与するときには頻回に筋腫の大きさをチェックすることが求められます

低用量ピルを飲むと月経時の出血量が減ってきます。

Q,昨年から初めて低容量ピル(アンジュ28)を服用してます。
生理予定日に生理は来てます。
最後に性交したのは2月4日なのですが、その後の生理の量が段々少なくなって、日にちも短くなってますが、予定日に生理が来てるので妊娠の可能性はないですか?
他に症状はないです。

A,飲み忘れが無いのでしたら、ピルを飲んでいて妊娠することはほとんどありません。その点は安心してもらってもいいと思います。
低用量ピルを飲むと子宮内膜を薄くする作用がありますので、内膜が剥がれる量が減って月経時の出血量が減ってきます。
これはピルが良く効いている証拠なので全然問題は無いですね。

ヤーズフレックス、ピルの副作用

Q,最近、コロナの影響もあり毎日検温をしています。
37度~37.4度ぐらいの微熱があるときがあります。
毎日熱があるということでもないのですが
微熱があったりなかったりが20日以上続いています。
その他の症状はとくにありません。
ヤーズフレックス内服中なのですが、副作用で微熱が
出ることってあるのでしょうか??
ヤーズフレックス以外、内服中の薬はありません。

A,ヤーズフレックスの中には体温上昇作用のある薬剤が含まれているので、この薬の内服で微熱がでるのはあり得ますね。
ヤーズフレックスを飲む前が平熱で、飲み始めてから微熱が続くのでしたらヤーズフレックスの作用と考えることができます

多毛について 最も副作用の少ない方法は低用量ピル

Q,全身の毛が濃くてほんとうにすごく悩んでるのですが、調べると女性ホルモンが少ないのが原因だと書いていました。ピルなど飲むと効果があると書いてたのですが、本当でしょうか?また検査などして薬を処方してもらえたりしますか?

A, 診察してみないとはっきりしたことは言えませんが、多毛を主訴とする患者さんの中には男性ホルモンが優位になる多嚢胞性卵巣という患者さんがいらっしゃいます。 この場合には男性ホルモンを下げる治療を行うのですが、最も副作用の少ない方法は低用量ピルを内服することですね。

ピルについて 毎月生理痛が酷く仕事に支障をきたしています

Q,毎月生理痛が酷く仕事に支障をきたしています。
生理不順や多過月経ではないです。
去年内膜症などはないと言われ鎮痛剤のみ処方してもらいましたが、ピルは使用していないです。
また、ニキビも10年ほど治らず一度ピルを試してみる価値はありますか?

A,仕事に支障をきたすほどの痛みがあり、鎮痛剤もあまり効いていないということでしたら、是非一度低用量ピルを試すべきですね。
ついでに長年悩んでいたニキビも改善することが期待できますよ。