ピル

ピルを飲んでいる方は生理の量が少なくなります

Q,突然の質問失礼致します。3か月前から低用量ピル「アンジュ28」を服用しているのですが、今回ダミーの期間に入っても生理が来ませんでした。前回の2回は量は少ないながらもきちんと出血があったのですが、今回は乳房が張り生理前の症状はあるものの生理が来ず、次のシートを服用する時期にさしかかっています。

また飲み忘れや、妊娠の可能性もありません。
こういうことはよくあるのでしょうか??
よろしくお願いいたします。

A,低用量ピルを内服すると子宮内膜が薄くなります。生理というのはこの内膜がはがれてきたものを言いますので、ピルを飲んでいる方は生理の量が少なくなります。
時には内膜が薄くなりすぎて、はがれてこない方もたまにいます。こういう方は出血が無いということになるのですが、飲み忘れが無いのでしたら出血が無いことを気にしなくてもいいと思います。

 

子宮体癌予防に不妊治療を考えるならルトラールより、低容量ピルが望ましい。

多嚢胞性卵巣の患者さんからのご質問

Q,多嚢胞性卵巣でルトラールを二年服用しています。
子宮体がん予防の為にはルトラールで毎月生理を起こさせるよりも
低用量ピルの方が良いと聞きました。
ルトラールとピルどちらが良いのでしょうか?

A,多嚢胞卵巣の患者さんはそうでない人より将来子宮体癌の発生率が若干高くなることが知られています。その原因としてエストロゲンとプロゲステロンという2つのホルモンの比率が問題だと指摘している研究者もいます。

その観点から考えればホルモン剤で消退出血をおこすものであれば、ルトラールでも低用量ピルでもどちらでも大差がないと考えられます。
それよりもルトラール内服では排卵が抑えられないので、卵巣内に未熟な卵胞ができてしまうことが問題だと私は思います。この未熟な卵胞が将来排卵誘発治療をしたときに邪魔になる可能性が高いと思われます。
ですから将来の不妊症治療を考えるなら低用量ピルの方が望ましいと思います。

月経前症候群に低用量ピル・生理前に頭痛、イライラ感などの症状がでる方へ

Q,私は生理周期が21日~28日と月によって違います。
生理痛はさほどひどくないですが、生理前になると頭痛がしたり、
生理が始まると腰がだるくなるのと、軽い貧血症状になります。

こういった場合もピルは有効でしょうか?
ただ、副作用も気になります。

A,生理前に頭痛がしたりイライラ感が強くなるなどの症状がでる方は月経前症候群と呼ばれます。
こういう方にも低用量ピルはよく効くと思います。
ピルの副作用で最も重篤なものは血栓症ですが、これは煙草をのむ方におこることが多いので、煙草を吸わない方でしたら、副作用の心配は必要無いと思います。

ニキビがなかなか治らない方の中には低用量ピルが効果があることがあります。

Q,顎から首の後ろにかけてニキビが多数発生しています。漢方や、鍼治療を実施していますが、正直医師には苦戦していると言われています。

年は今年で30になるのですが、ホルモンバランスが大きく関係しているとネットで見つけました。

まだホルモンバランスを調べたことはないのですが、こちらでホルモンバランスを調べていただくことはできますでしょうか??
婦人科と皮膚科で異なるかもしれませんが、返信いただけると嬉しいです。

A,ニキビがなかなか治らない方の中には、男性ホルモンが女性ホルモンより優位になっている方があります。
こういう方の中には低用量ピルが効果があることがありますので、一度試してみる価値はあると思います。