コラム

不眠やイライラ感、低用量ピル服用中。更年期障害?それ以外?

Q、初めまして。
40歳のパート勤務の主婦です。
12歳と10歳の子供がいます。
生理不順、生理痛が酷かった為
トリキュラーを飲み始めてから、5年以上経ちます。
ここ最近、体調が思わしくないです。年に一回の健康診断でも異常は何もなく、色々と調べると症状が更年期障害に当てはまるのですが 以前、産婦人科に受診したところ ピルを飲んでるから そんなはずは無いとキッパリ言われてしまいました。
精神的なものかもと思い、心療内科なども受診しましたが今ひとつ何も変わらずです。
やはり、更年期障害はピルを服用していると ならないのですか?
頭痛、目眩、動悸、食欲不振、不眠、イライラ、不安、肩こり等 他にもいろいろと当てはまるのですが。

A,更年期障害というのは女性ホルモンが低下してきて引き起こされる各種の症状に対してつけられた名前です。低用量ピルを投与されている方は、女性ホルモンの低下がおこりませんので、更年期障害はおこらないことになります。
不眠やイライラ感などは、女性ホルモン以外の原因でもおこりますので、ほかの可能性を検索することになりますね。

多嚢胞性卵巣症候群の治療

Q,多嚢胞性卵巣症候群はどのようにしたら治りますか??
減量などしたら高確率で治るものなのですか??

A,多嚢胞性卵巣になぜなるのかは、まだよくわかっていません。
ですからどうすれば治癒するのかもよくわかっていないのです。
もし月経不順がある方でしたら、今できることはホルモン療法で月経周期を整えることだけですね。
もし妊娠を希望されている方でしたら、排卵誘発治療を受けていただくことになります。

多嚢胞性卵巣症候群のピルの服用について

Q,はじめまして。
6~7年前に多嚢胞性卵巣症候群と診断され、そこからマーベロンを続けてのんでいます。
今は結婚もしていないため、すぐの妊娠はありませんが、ゆくゆくは子供もほしいと思っています。今は35歳です。
ピルの副作用もすこし気になるため何度かピルをやめてみようかと今、通っている婦人科の先生に相談してみましたが、ピルを一旦やめて始めるほうが、体への負担が強くなるため、続けるほうがいいとのお話をうけて、続けていました。

先日、友人に勧められた漢方を買いに行った薬局で、ピルを一度もやめずに続けていることを話すと、卵巣の機能や排卵の確認をせずに続けていると、やめたときに排卵していなかったり、卵巣の機能がピルによって低下してしまうこともあるのでは、、とお話がありました。。
定期的にピルをやめて排卵しているかの確認が必要なのでしょうか?

わたしは将来は子供もほしいので、できるだけ健康な体でいたい気持ちもありますし、薬に頼らず生理がきてほしい思いもありますが。。
多嚢胞性卵巣症候群の治療として、ピルを続けたほうがいいのか、定期的にやめたほうがいいのか、どちらがいいのでしょうか?

A,ピルを長く飲み続けたために卵巣の機能が落ちてしまうという報告はありませんので、ピルをいったん止めてみるということはあまり意味がないと思います。
ピルという薬は飲み始めに副作用が出ることがあっても、飲み続けると副作用の出る確率がどんどんと小さくなる薬です。
ですがいったん止めてしまうと副作用の発現率が元に戻ってしまうことが知られているので、ピルを途中で飲むのを止めるのは非常にもったいない飲み方ということになります。

低用量ピルは2週間以上内服して、内服を中断すると生理が始まる

Q,私は多嚢胞性卵巣症候群でマーベロン28のピルを飲み始めて2シート目になりました。
2日前に、緑色の薬のレーンに行きました、ですが近いうち予定が入ってしまい生理が来て欲しくなく内服を中断しようかと思ってます。この場合ここまで飲んでたら生理など来てしまうものなんですか?出来れば生理は今来て欲しくありません。

A,マーベロンの緑色の錠剤(placeboといいます)は薬が入っていません。
低用量ピルは2週間以上内服して、内服を中断すると生理が始まるように作られています。
placeboを2錠内服しているのでしたら生理になるのをもう止められないと思います。
placeboに入る前でしたら対処法はあったのですが。。。

子宮内膜症での生理痛、ピル使用について

Q,子宮内膜症で生理痛がひどいです。
これまでに、ルナベルULD(血圧が上がったため中断)→漢方(はじめは効いていたのですが、2年くらいで生理痛が酷くなってしまい、血圧も下がったので変更)→ヤーズ(不正出血が続き変更)→という流れがあり、2ヶ月前からまたルナベルULDを飲んでいます。
以前のルナベルではそんなことなかったのですが、また不正出血があり、ピルを飲んでいるのに突然やってくる不正出血にストレスを感じています。
1番は生理痛改善のためですが、今後は避妊も含めてピルを続けたいと思っています。
今通っている病院では、ピルの選択肢がヤーズとルナベルしかないようで、自費でもいいので他の種類を試してみたいと思っているのですが、そちらでは処方してもらえますか?

A,ヤーズもルナベルULDも保険の対象となる薬で、エストロゲンというホルモンの量が少ないのが特徴です。しかしホルモンの量が少ないのが原因で不正出血を起こす方もあります。
一般的に言って自費のピルの方がホルモンの含有量が多いので、貴女のような方には自費のピルの方が合うのかもしれません。
当院では自費のピルは3種類の在庫を持っていますので、その中から選択されたらいいと思います